青木節子先生の論文


著者名タイトル言語日付注記
青木節子宇宙の商業利用日本語2001年陸・空・宇宙
潮田節子多数国間衛星監視システム構想の動向日本語防衛法研究第18号
青木節子パワー・プロジェクション・プラットフォームとしての宇宙日本語2005年国の基盤としての宇宙No.53
青木節子米国宇宙法の発展と三つの長期的課題(翻訳)-最初の半世紀を振り返って-日本語2011年8月慶應義塾大学法学研究
青木節子世界の宇宙戦略:日本の選択肢検討のために日本語2008年各国の宇宙戦略No.56
青木節子安全保障と宇宙の活用:日本の国益日本語2004年安全保障と宇宙No.52
青木節子Japanese Space Activities Act in the Making英語2012年1月German Journal of Air and Space Law
青木節子アジア衛星監視システム構築の可能性と問題点日本語1996年夏未公表
青木節子宇宙戦略で遅れをとるな日本語2007年4月「諸君!」(文芸春秋)
青木節子宇宙の長期的に安全な利用のための宇宙状況認識(SSA)の現状と課題日本語2011年3月国際情勢No.81
財団法人 日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センター新たな宇宙環境と軍備管理を含めた宇宙利用の規制-新たなアプローチと枠組みの可能性-日本語2010主査:青木節子
青木節子宇宙兵器配置防止等をめざすロ中共同提案の検討日本語2010
Setsuko AOKINecessary Legal Conditions to Promote Space Commerce in Asia英語2010The Korean Journal of Air and Space Law, Special Edition, May 2010, at 127-150
青木節子巻頭言「人間の安全保障」の要としてのリモート・センシング衛星 日本語2010.5日本リモートセンシング学会誌(J-STAGE)
青木節子CURRENT STATUS AND RECENT DEVELOPMENTS IN JAPAN'S NATIONAL SPACE LAW AND ITS RELIVANCE TO PACIFIC RIM SPACE LAW AND ACTIVITIES英語2009Jouranl of Space Law※リンク先 Supplemental Material
青木節子宇宙の商業利用に関する国際法の動向-2008年12月RIETI報告要旨 日本語2009.2RIETI
青木節子日本の宇宙政策における宇宙基本法の位置づけ 日本語2009.2京大理学部6号館
青木節子自衛隊の衛星利用:憲法による制約の考察 日本語2009.2国際情勢研究会
青木節子宇宙技術を切り札に存在感ある日本を目指せ日本語2008.9WEDGE 9月号
青木節子日本の宇宙戦略-宇宙基本法の課題 日本語 2008.7RIPS' Eye No.94
青木節子Challenges for Japan's Space Strategy 英語 2008.6AJISS Commentary No.34
財団法人 日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センター 青木節子(主査)宇宙空間における軍備管理問題 日本語2008.3財団法人日本国際問題研究所軍縮・不拡散促進センター
青木節子正念場を迎えた日本の宇宙開発・利用 日本語2008.1Space Japan Review No.53
宇宙開発と国益を考える研究会宇宙開発と国益を考える研究会 ~アジア太平洋戦略~ 報告書 日本語2007.3主査:青木節子
青木節子第一期ブッシュ政権の大量破壊兵器管理政策にみる「多国間主義」 日本語2006.321世紀COEプログラム
青木節子伝染病と戦う為の国際法協力:グローバル・ガバナンスへの希望は?英語2006.221世紀COEプログラム
青木節子拡散防止,軍備管理と縮小:アジアの見通し英語2006.221世紀COEプログラム
青木節子研究会弾道飛行への現行宇宙諸条約の適用可能性日本語2005.11SFC ORF
青木節子適法な宇宙の軍事利用決定基準としての国会決議の有用性日本語2005.421世紀COEプログラム
青木節子宇宙の軍事利用を規律する国際法の現状と課題日本語2005.421世紀COEプログラム
Setsuko UshiodaSatellite-Based Multilateral Arms Control Verification Schemes and International Law英語1992青木先生博士論文(マッギル大学)

 
 
学生論文


福永雅俊リモートセンシングの慣習国際法―冷戦後の形成を中心に―日本語2010.3修士論文
福永雅俊遠隔探査活動の国際協力にみる「国際法の漸進的発達」日本語2008.2卒業論文
龍崎真維米国規則「民間リモートセンシングシステム特許」和訳2006.1卒業論文